1 めるるちゃん 2017/08/29(水)22:37:53 k5h

 元自民党の深谷隆司氏は「韓国ぎらい」というタイトルでブログを公開しました。自民党議員時代は「一衣帯水の隣国として深い友情を抱いていた」としていたけれども、現在そうした感情は「正直消えつつある」としてその理由について言及しています。

 深谷「北朝鮮の核や大陸間弾道ミサイル開発で朝鮮半島は今大変な危機にある。その北朝鮮と日韓政府の解決済みの問題を共同調査までしようというのだから、頭が狂っているとしか言いようがない。」

 深谷隆司氏は日本人の間に嫌韓が広がるのは「彼らにとって大きな痛手になるのであって、日本にとっては多少の不都合はあっても決定的に深刻なことではない」とした上で「しばらくは放っておくに限る」と述べています。

 けれども、日韓外相合意を履行する姿勢を見せない上に、さらにまた徴用工問題という新たな問題を大統領自らが蒸し返そうとしている韓国に対しては日本において今後も激しく非難の声が続くと思われます。