1 めるるちゃん 2017/08/30(水)22:37:53 k5h

 加計学園の獣医学部新設の舞台である愛媛県で、「愛媛県獣医師連盟」への会費支払を拒否する獣医師が相次いでいると産経ニュースが報じたのですが、これに対し、民進党の玉木雄一郎議員が反論を述べています。

 産経「日本獣医師連盟をめぐっては、前身の日本獣医師政治連盟が、加計問題を追及している民進党の玉木雄一郎幹事長代理に政治献金していたことが明らかになっている。会員からは「獣医学部新設反対側の議員に金が流れるなど、金の使い道に納得がいかない」という声もあるという。」

 玉木「今朝の産経新聞を見てびっくりした。あまりに酷い。私が獣医学部を阻止するために献金を受け取り国会で追及を行なっているかのような記事。全く事実に反する記事で強く抗議したい。しかも私に一切の取材なし。彼らはネットのフェイクニュースを見て記事を書いてるのか。社内教育はどうなっているのか。」

 玉木「この件に関しては、以前、産経新聞政治部には説明し問題なしと理解してもらったので、以後一切記事にはなっていないが、今回書いたのは社会部とのこと。典型的な縦割り。どうにかならんかね。社内コミュニケーション。」

 玉木「ツイッター上でも、いろんな書き込みがありますが、違法なこと、やましいことは一切ありませんので、ご安心ください。誹謗中傷に負けず、真実と正義のため、へこたれずにがんばります。なお、私が問題にしているのは、獣医学部の新設ではなく、その選定過程の不透明さです。お間違えなく。」

 玉木「件の産経新聞の記事を読んでみると、最後の4つのパラグラフの文末は共通して「という。」で曖昧な伝聞調。第一パラグラフの文末も「あるようだ。」これも曖昧な希望的観測調。そして記事タイトルも「対応に不満か」と断定できない書き方。こんな記事で花の一面飾れるなんて他紙ではあり得んでしょ。」

 玉木「3ヶ月も前のブログですが産経新聞に酷い書かれ方をしたので再掲します。献金は法令に基づき正しく処理されており5年前の当該献金に関して獣医学部新設阻止や国会質問を依頼された事実は一切ありません。疑惑があるかのような報道には強く抗議します。」